週刊ヤングジャンプに連載していた『孤高の人』という漫画があります。

いわゆる登山漫画なんですが、山の美しさと人間社会の汚さの対比が凄く強烈に描かれています。

主人公に関わる人間はほぼクズで、『闇金ウシジマくん』よりもいや~な気分になる漫画です。

この主人公なんですが、ただ山に登りたいというシンプルな思想を持っており、社会とは距離を置いて生活しています。

実在する登山家『加藤文太郎』をモデルにしており、そのライフスタイルには極限民には注目に値します。

登山とものを持たない生活は、必要最低限のもので生きていくという点で相関性があり、色々学べそうです。


何かのヒントになるかもしれないので、興味ある方はぜひ!

 

孤高の人

主人公の部屋
荷物は全てリュックの中にある。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最近のコメント

  • コメント;

    1. 香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

      0

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


    Optionally add an image (JPEG only)