昨日、結婚式で怪盗少女の余興をやりました。

結構盛り上がったし、やって良かったと思えたので、やり方を紹介したいと思います。

物凄くニッチなネタで、更にこのブログの内容とは全く関係ない記事になります。

 

練習期間は4日

情熱大陸のVTRを作ってたのですが、それだけだと熱くないので、急遽一週間前に怪盗少女をやることになりました。

最初、カラオケで練習したのですが、その練習風景を見ていた元同僚に

「絶対にやめとけ」

「スベるぞ」

「心にを負うだけやぞ」

と言われました。

確かに出来はヤバかったのですが、こういったdisがあるほど、逆に燃える展開

ここからは、参考になった動画、おすすめの練習場所、音楽編集の方法などを紹介していきます。

 

参考になった動画

キレキレの動きです。へんしーん!からの動きは参考になりました。

 

反転スローなので、この通りにやればいいだけです。非常に助かりました。

 

野球部の動画です。盛り上げ方とか参考なります。

 

どこで練習するか

結論から言うと、公民館が最高です。

カラオケボックスはやはり狭いです。スーパージャンカラですら狭いですし、ソファとかあるのでやりづらかったです。

ダンスレッスンのスタジオは人気で、急遽取ろうと思っても、ほぼ埋まってました

4人で練習したのですが、コスト面でいうと、カラオケはだいたい一人1500円くらいかかります。

スタジオを借りると更にコストはかかります。

 

公民館、国が運営する施設だと、会議室みたいな40平米あるスペースが1300円で4時間借りれました。

一人300円のコストです。

しかも、窓があるので自分の姿も映るし、電源もあり、クーラーもあり、言う事なしです。

Macを持っていけば、標準ソフトであるPhoto Boothで、練習風景を前面カメラで撮影できます。

ノマドの人はスタバ行くより、こっちの方が安いんじゃないかなと思います。

あと勉強するためにレンタル自習室を借りている人も、こういう施設の方が安くて快適なんじゃないんですかね。

 

IMG_1568

 

 

衣装はどうする?

楽天で『ももクロ 衣装』で出てきます。

980円のやつを買ったんですが、透け透けでした。

下に何か着ないとヤバイです。

それか2枚同じやつを買って重ね着するのもいいと思います。

 

 

どの音源を使うのか

CD音源でもいいと思うのですが、ライブの熱を感じられるコール入りの音源のほうがやりやすいと思います。

やっぱ入場曲は、Overtureでしょう。

 

Youtubeから、迫力のあるコールが入っているOvertureをダウンロードして編集。

 

この動画の「いくぜ!怪盗少女ッ!」の部分を抜き出し、

 

怪盗少女はこの動画のを使いました。

 

Macであれば、GarageBandで継ぎ接ぎして繋げられます。

GarageBand

 

GarageBand2

 

後はiTunesでCDに録音

iTune1

 

iTunes2

 

 

 

間奏部分をどうするか?

怪盗少女の2番が終わると、長い間奏があります。

ももクロは前転、側転などをするのですが、多分普通の人はムリです。

僕の場合は、事前に芸を仕込ませた新郎を連れてきて、キレキレの動きをさせるパターンをしました。

嫌がってる演技をさせてからのキレキレの動きはインパクトあると思います。

他にも、怪盗少女でYoutubeで検索すると色んなパターンが出てきますので、参考にしてください。

 

怪盗少女

 

会場でどうするか?

基本アウェイのはずなので、サクラを仕込ませましょう。

ノリの良さそうな人に

「余興やるんですけど、てきとーに騒いでくれませんかね笑」

とか言っておけば、ちょっとはホームにできます。

 

スペースは横5メートル、縦2.5メートルあればできます。

事前に会場に行って、リハーサルをやっておきましょう。

 

あとは、会場に飲まれないようにするだけです。

「出席取ります!Are you ready 番号!1!2!3!4!う~、イエーーーイ!!!」

って言えば、テンションが上がって熱量で圧を跳ね返せますのでぜひ。

 

 

終わりに

盛り上がった云々の結果の前に、やって良かったです。

まるで部活をやっているような感覚を味わえました。

お金が絡まない無償の熱量ってのは、ホントにいいですね。

社会人になると、全力で利のないことをする機会がなかなかありません。

しかし、ホントに楽しいことはそこにあります。

 

オチは、ももクロ最高ってことで笑

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最近のコメント

  • 10 コメント

    1. 久しぶりにこちらにもコメント書きます(*´ω`*)
      結婚式の余興お疲れ様でした。
      社会に出ると、仲間内で集まるのも難しくなり
      練習時間とスペースの確保が大変ですよね。
      さすが肘さん!
      ナイスなももクロのチョイスとスペース確保術でした。
      ちなみに私も余興経験は多いですが、
      よくやるのは寸劇ですw
      自分が台本書きをします。
      昔やった亀田大毅 対 朝青龍の寸劇はややウケでしたw

      0
      • 偽神さん、こんにちは!

        ほんとスペース確保大変でした。夜中にガラスの前でダンスしてる人の気持ちがわかりました。

        寸劇はレベル高いっすね。
        難易度で言えばSクラスですよ。
        しかも亀田対朝青龍とか笑
        バキでやりそうなネタですね笑

        0
    2. いつも興味深く拝読させてもらってます…ももクロネタ、熱いですねー!我が地元沖縄は余興天国…。年末、同級生の結婚式でGOUNNやろうかなって思ってます。練習せねば…。
      「沖縄余興ももクロ」でyoutube検索すると、いろいろ出てきますね。守礼門の前でももクロとか笑

      0
      • ありがとうございます!
        れにちゃん見てると、天使というか菩薩様のような慈愛を感じます。
        ほんと、ももクロっていいですよね!!

        沖縄が余興天国だとは知らなかったです。
        確かにラテンなノリがありますもんねー。
        ぜひ、ももクロでぶちかましてきてください!

        0
    3. こんにちは、先日はコメントのお返事わざわざありがとうございました。

      結婚式の余興お疲れ様です。

      私は二十台後半で ま わ り が 結婚ラッシュです。
       
      ももクロとは、ハイレベルな余興ですね(汗)
      体力とリズム感、気力が無いと達成出来ない様な…。

      数日という短期間とは言え、結婚する友を想い祝う気持ちと企画した肘さんの想いに沿おうと言う気持ちがなければ出来ないと思います。

      私も今や定番なAKB48の踊りなどしましたが、前に年齢幅が広い年齢の方々の出席の結婚式では「汚れシンデレラ」

      男性が女装をするスタンダードなウケと、シンデレラ役(魔法かけられた後の)と王子は当日、主役の新婦さんと王子は新郎さんに少し参加して頂いて。

      お前はテキトーで大雑把だけど、そういうネタを引っ張りだすのと、子牛を引っ張り出すのだけは上手いなと言われました(笑)

      でも、余興はネタを考えるのも100円均一などで道具を揃えるのも楽しかった記憶があります。

      相手を想うからこそ、そういうやろうと言うpowerが出てくるんですよね。

      ミニマリストはシンプルかつ無駄を出さない地球にもお財布にも環境にも優しい提唱ですが、心には常に人を想う(人だけでなく)というか、冬のカサっカサの唇の様な乾いた現代だからこそ、そういうの大切ですね。

      いつも学ばせて頂いてます。

      ではでは(長文失礼しました、読みずらくてすみません)

      0
      • 僕も似たような状況です。
        6月には2回も結婚式ありましたし、ちょっと大変でした。

        確かに体力はめっちゃ使いますね。でもオリジナルの余興する方が大変だと思います。
        祝福しようって気持ちが大事ですよね。
        ももクロだけでなく、映像も撮ったんで2週間費やしました。
        こんなの無償の祝福する気持ちがないと無理です。

        こう考えると、お金、不動産、金融資産だけが人生を豊かにする資産ではなく、人間関係が一番、人生を豊かにするのかなとおもいます。

        0
    4. 余興、お疲れ様でした。

      この結婚式に招待されたかった~(笑)

      たった4日間で出来るものなんですね。スゴイ。

      0

    にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。


    Optionally add an image (JPEG only)