今回は「ミニマリストだけどオタクグッズはどうするの問題」について書きます。

今年の春に福岡ヤフオクドームで行われた、ももクロのファン限定ライブでの実体験です。

 

 

―――――――――見渡す限り熱量が振りきれたヲタがうごめいていた。

それもそう。ファン限定ライブな上に、福岡まで足を運ぶファンとなれば厳選されたヲタのみ。

モノノフ特有の推しの色で統一されたファッション。大量のサイリウム(光る棒)。息のあったコール(掛け声)。

いつものライブ以上に異様な光景。

しかし、ここはその異常が正常になる世界――――――。純度100%の異空間なのだ。

 

席につくと自分の右前にれにちゃん推しの熱いヲタがいた。全身むらさきのユニフォーム。応援部並の太いコールを放ち、周りのモノノフを先導するコールリーダー的なポディション。そして両手には6本のサイリウム。自分も、周りのモノノフも、彼に注目せざる負えなかった。

「さすがファン限定ライブ。今日は粒が揃っているな…」

そう思っていた矢先―――――彼のとなりに軽装なモノノフがやってきた。ももいろクローバーと書かれただけのシンプルなTシャツのみ。サイリウムもなし。周りに気を使う気配もなく、ただ狼のような孤高性を纏っていた。

「ファン限定ライブで、こんな奴も来るんだ」

右にはれにちゃん推しの完全武装の気合の入ったモノノフ。その左にはサイリウムすら持っていない軽装なモノノフ。自分も周りも、その対照的な風景に違和感を感じざる負えなかったのである。

 

そして、そうこうしているうちに狂乱怒涛のライブの幕が上がる…

 

ももクロ ライブ

 

1曲目『neo STARGATE』。2曲目『夢の浮世に咲いてみな』。

ももクロの中では比較的新しい曲で、特に2曲目の『夢の浮世に咲いてみな』はコールすらも出来上がっていない状態。そんな手探りの中、完全武装のれにちゃん推しは喉を震わし必死に周りをリードしていく。彼の熱量に周りも焚き付けられる。ももクロの圧倒的な熱量。そして、それを全力で受け止めるモノノフたち。

「今日も熱いライブだ…」

しかし、そんな熱狂的な「動」の状態の中、全く動かず仁王立ちしている男が!

そう、左にいる軽装のモノノフだ。ただ沈黙を守り、「静」のまま遠く一点を見つめ動かない男。右の完全武装の男とは真逆。その姿はあまりにも異質。異端のモノノフ。いや、そもそもモノノフなのかすらわからない…。

「こいつは何をしにきたんだ…?」

周りもそう思っていたはず。もはや彼が何を考えているのかも、何の目的でライブに来たのかも皆目検討もつかない。彼の目は遠くをぼぉと見ているだけ。しかし、この後ぼくは本当の戦士を目の当たりにする。

 

3曲目『ピンキージョーンズ

ももクロの中でも古い曲で、ライブでも定番の曲の一つ。

ピンキージョーンズの特徴的なイントロが流れだすと同時に、それまで「静」を保っていた男が動き出す。動くと言うより、電化製品にスイッチが入ったかのような、0から100の変化。

突如、男は見たこともない動きをし始める。超キレッキレのパラパラを踊っているかのような動き。あまりのことで唖然となる周囲の人々。

一見めちゃくちゃな動きだが、ちゃんと緩急もつき、明らかに一朝一夕で身につくような動きではない。長い修練の末に辿り着いた境地であることは一目瞭然。その洗練された動きに目を奪われるッ!!

 

「なッ―――こいつやべえ…」

 

よく見ると、その男の両隣は空き席だった。周りに空き席など見当たらない。つまり、この男はわざわざこの動きをするために、3席も確保したということである。

そして、曲が終わり、次に新曲『Chai Maxx ZERO』が流れだすと、また仁王立ちの状態になり完全なる「静」に戻る。電源の切れたロボットのように動かなくなる。

しかし、再び昔の曲が流れると彼のテンションも一気にフルマックスになる。この一貫した「俺は今の曲は認めねえよ」とした姿勢。ライブ中盤以降、周囲の人々の目はそいつに釘付けだった。右にいた完全武装のれにちゃん推しも尊敬の眼差しで彼を見ている。

そしてライブ終盤。アンコールが終わり、ももクロちゃんの挨拶が始まろうとした瞬間。なぜか男は全力ダッシュで帰っていった。

最後まで、ぼくたちは彼の虜だった。彼がなぜ挨拶の場面で帰ったのかはわからない。彼が何者だったのかはわからない。ただ、本当の戦士には剣(サイリウム)は要らないということがわかった。

 

 

 

終わりに

ミニマリストだけどオタクグッズはどうするの問題について書きました。オタクグッズを持ってないだけで、そのコミュニティに居づらくなるということはありません。純粋な熱量を発していれば、オタクグッズを集める必要はないです。ただ、ファンならお金は落としておきたいですよね。布教用に買うとかならアリだと思います。

ミニマリストよ!!本当の戦士になれ!!

 

ヴィンランド・サガ(1)

ヴィンランド・サガ(1)

  • 作者: 幸村誠
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/09/28
  • メディア: Kindle版
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最近のコメント

  • 22 コメント

    1. 「自由」な人間は、自分の「信念」に従って生きる人間だと、フロムは言う。
      そしてその意図は、誰に言葉で理解させる必要もなく、ただその姿に現れる、とも。

      信念がないと、他人の目を気にすることになりますね。即ち、自由でない。

      かっこいい。

      0
      • 言葉で表すのは偽物ですよね。
        背中が語るのが本物です。

        信念ある人は、どんな信念であれ尊敬します。

        1+
    2. 私は武装しないタイプで 普段着に組み込んでいる緑と紫のボーダーロンTで手ブラ参加が基本だったんですが
      以前の氣志團万博で近くにいた方が紫のサイリウムをくれたことがありました
      熱くてあったかい思い出です(´ω`*)

      1+
      • ファンが序列化したらダメですよね。
        皆で楽しもうという心意気がなければ、そのコミュニティは崩壊します。
        古参が新規を排除しだしたら崩壊の始まりですよね。

        ももクロはそういった意味ですごくいい環境だなぁと感じます。

        0
    3. 明日の日曜、新宿でmixiコミュの「トランクひとつだけで暮らしたい」のオフ会あります。
      http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=1739861&id=78578347&comment_count=31
      ご参加お誘いしに来たけど、大阪だったんすね・・・
      こちらの読者の方で、参加したい方がいらっしゃれば、ぜひ♪
      (この書き込みが不適切だったら、消去してください)
      時間まだ未定だけど、新宿で夕方から。飲み代を割りカンっす。
      予定のお店は、笑笑 新宿西口小田急ハルク裏店。個室の円卓です。
      http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13052573/dtlmap/
      万一、肘さんが東京いて、万一、明日の夕方にヒマなのを望んじゃいます♪

      0
      • お久しぶりです!
        トランクひとつだけで暮らしたいオフとかめっちゃ楽しそうですね!!
        残念ながら明日、東京にいる予定はありませんが、これを見ている人で行きたい方がいればぜひ!!!

        1+
    4. すっげぇー有名なブロガーさんだったんすね。
      来た5人が全員で個々に、肘さんのことをご存知で、話してました。
      いつか可能なら、東京か大阪でオフ会か、トーク会やりたいっす。
      そー感じました。

      0
      • いえいえ有名ブロガーではないっす笑
        大阪来た際にはぜひ!オフ会しましょう!
        ぜひ会ってみたいので!

        0
    5. 極めてるとか、一途であるとか、一貫しているとか、カッコいいですよね!

      先日のオフ会はいかがでしたか~??

      是非また京都でも!!、また参加させてください。ももクロちゃん語って下さい!

      0
      • 先日のオフ会はプチオフ会なんで、結構短時間でしたが面白かったです!
        毎回、色んな人がいるので幅が広がるというか。
        また京都でしたいですね!
        ももクロちゃんバトルしますか?笑

        0
    6. 楽曲ヲタやグループヲタなら手ぶらでもいけるでしょうが特定のメンバーヲタならペンライトが必要でしょう
      感情まで排除するミニマリストなら別でしょうが

      0
      • ぼくも手ぶらで参戦できるほど強くないのでペンライト使いますが、ホンモノは無しでも十分だと思いました。
        熱量を発していればそれで十分だと思います。

        0
    7. 初めまして。
      いつもブログ楽しく拝見しております。ミニマリストに憧れています。
      有安モノノフです!
      この記事のおかげで悩んでいたももクログッズ手放せました。
      ブログにリンク貼らせて頂きました。
      事後報告で申し訳ありませんm(__)m

      0
      • 同じモノノフで嬉しいです!!!
        杏果推し多いですよね
        夏菜子推しですが、もはや箱推しなんで全員好きです
        こうやってモノノフの輪が広がっていくのは嬉しいですし、ブログをやる最大のモチベーションになります!
        これからも頑張って記事を書いて、布教していきたいと思います

        0

    やまだ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。


    Optionally add an image (JPEG only)